FAQ

サービスの導入、契約について

具体的に導入の相談をしたいのですが、どのような進め方になりますか?
カウンセラーまたは精神科医が、お困りの状況やこれまでのメンタルヘルス対策などについてお伺いしながら、貴社のニーズをお聞きします。その後、お伺いしたニーズに即して提供可能なサービスプラン案を提案します。既存のサービスにない場合も、話し合いを重ねながら貴社の状況を十分に把握した上で、最良のサービスを提案します。
従業員が少ないのですが、メンタルヘルス・サポートを導入する必要はありますか?
小規模の組織であっても、従業員のメンタルヘルス不調発生のリスクは変わりません。 むしろ、社内で産業医や産業保健スタッフを抱えることができない分、小規模事業者のリスクは大きいと言えます。MPSセンターでは、従業員数に関わらず、中・小規模事業者にもニーズに応じたサービスを提供し、活気に満ちた職場づくりのパートナーとして経営層や人事労務担当者の方々から信頼を得ています。
サービス導入にはどのくらいの予算が必要ですか?
各プランやサービスの内容・対象従業員数により料金が異なります。詳細はMPSセンターまでお問い合わせください。
サービス導入をこちらが決定したあと、どれくらいの期間で実際にサービスを受けられますか?
従業員サポートプランスタッフサポートプランなどのプランの契約および窓口開設は1~2週間ほどで完了します。研修の依頼は内容のお打ち合わせと資料作成で2~4週間ほどです。サーベイプログラムは、従業員にチェックを実施してもらうまで約2ヶ月ほどです。また、いずれの期間も担当カウンセラーのスケジュールにより前後することがあります。

例)A社の場合
1月半ば:状況のお伺い、打ち合わせ、年間契約の方向での検討を合意
      ↓
1月末:具体的なサービスプランとお見積のご提案
      ↓
2月上旬:プラン修正の打ち合わせとお見積最終版のご提案
      ↓
2月半ば:導入決定
      ↓
3月:契約開始:メール・電話による相談窓口開設
      ↓
5月半ば:教育研修プログラムスタート
短期間の試験導入はできますか?
MPSセンターの各プランは一年契約です。ただし、ケースコンサルテーションメンタルヘルス教育研修など単発で利用できるサービスもありますので、お気軽にお問い合わせください。

サービスの導入の仕方について

すでに自社で実施しているメンタルヘルス対策と組み合わせて、足りないメニューだけ依頼することはできますか?
MPSセンターでは貴社の現状を伺い既存の対策を精査しつつ、必要に応じて部分的に貴社の対策を補完するようなサービスを提供できます。社内担当者のサポート従業員への直接のサポートサーベイプログラムメンタルヘルス教育研修やオンサイトサービスなどさまざまなサービスを柔軟に組み合わせて提供することが可能です。まずはMPSセンターまでお問い合わせください。
メンタルヘルス対策を導入したいけれど、経営層が理解を示してくれません。どのように説得をすれば経営層が理解を示し、予算をつけてくれるのでしょうか?
メンタルヘルス対策導入の目的にはさまざまな観点があり、どの観点が経営層に対してアピール力が高いかをリサーチすることで質問への答えが見えてきます。それに合わせて、提案資料の作成など担当者が経営層に効果的にプレゼンするためのお手伝いします。
単発でメンタルヘルスの研修を依頼することはできますか?
お受けしています。
打ち合わせのうえ貴社のご要望に応じて、カスタマイズも可能です。
年間契約をしていただくと、他の社内施策や相談窓口とリンクさせながら研修を行うなど、より効果的な研修の実施が可能です。

サービスの内容について

産業保健スタッフや人事労務担当者が対応に困る案件や、メンタルヘルス対策について相談することもできますか?
社内担当者からの専門的な質問や対応困難な案件、メンタルヘルス対策などに関する相談には、スタッフサポートプランコンサルテーションとしてお受けしています。産業保健に精通した担当カウンセラーが、休復職案件、トラブルメーカーへの対応、メンタルヘルス対策立案などのご相談に対応します。
プランの詳細と導入事例については、「スタッフサポートプランメディカルサポートプラン」を参照ください。
受診を希望する従業員に神田東クリニックを紹介したり、受診が必要と思われる従業員に勧めたりしたいのですが?
契約企業の従業員の方のために、神田東クリニックでは特別診療枠を用意しています。速やかに受診につなげるため、貴社担当カウンセラーや医療相談室のケースワーカーが担当者の方をサポートします。受診を希望される方はもちろん、受診を渋っている方への対応など、状況を伺いつつバックアップします。受診後の情報共有やフォローアップも、ご本人の同意のもと積極的に行います。
各地に事業所がありますが、カウンセリングサービスはどこでも受けられますか?
メール相談や電話相談はもちろんのこと、全国の提携カウンセリング機関による対面のカウンセリングサービス提供が可能です。カウンセリングネットサービスをご契約いただくことで、全国各地の従業員の方々に利用しやすいカウンセリング機関を紹介します。
従業員にメンタルの専門医の面談を受けさせることはできますか?
ケースコンサルテーションとしてお受けしています。産業医経験が豊富で、さまざまな職場の状況をよく知っている精神科専門医が面談を行います。会社や管理職としての対応をアドバイスしたり、就労状況や職場復帰についての意見書を出したりすることができます。

その他

個人情報はどのように守られますか?
MPSセンターでは、情報システムのセキュリティはもちろん、スタッフ全員が個人情報保護規定の遵守を徹底して、契約企業や相談者の個人情報が漏えいすることがないよう最大限の情報保護に努めています。また、プライバシーマークを取得しています。なお、当法人の個人情報保護に対する方針については、プライバシーポリシーをご参照ください。