メンタルへルス対策を進めたい

 効果的な社内のメンタルヘルス対策は、企業の業態、特徴、目的、社内の体制や人員などの実情などによって大きく異なります。MPSセンターでは、お仕着せのサービスメニューではなく精神科医とカウンセラーによる担当チームを結成して定期的に貴社に訪問します。メンタルヘルスプロファイルやサーベイプログラム、担当者へのヒアリングなどを通してその企業に合ったメンタルヘルス対策をさまざまな角度から検討し、最も有効なメンタルヘルス対策をご提案します。また、提案はPDCAサイクルに則り、対策の検討と年間計画の立案、対策の実行、実施成果の検証と評価、そしてさらなる改善点の検討と計画の見直しを行います。
 このように、MPSセンターでは最も有効で適切なメンタルヘルス対策の推進を、年間を通して継続的にサポートします。
 休職や職場復帰に関するお困りごと、休復職に関する社内規定の整備、支援体制などについて支援します。
また、総合的な体制構築のほか、ストレスの高い職場や組織改変時の対策についてもご相談に応じます。
 また、他社がどのような対策を実施して効果を挙げているのかなど、生きた情報交換の場として、契約いただいている企業のメンタルヘルス担当者の会「神談会(かんだんかい)*」も定期的に実施しています。

*「神談会(かんだんかい)」という名前には、「神田に集ってみんなで忌憚なく歓談しよう」という思いが込められています。